無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

二日酔い
あなたside


『よいしょっと…』


ただ今、朝ごはん作ってます!笑


??「おっ。朝から美味そうだな〜」


誰〜〜〜〜 笑笑

??「いや、誰〜〜〜〜じゃないだろ笑」

『えへへ、笑
翔太おはよ〜笑笑』

平川「翔太呼びするなぁぁぁぁ!!笑
平川様と呼べ!笑笑」

『誰が呼ぶか』

平川「あ?」

『なんでもございません。平川様』

平川「よし」

え〜、この人は平川翔太…様です ((

キンプリのマネージャーさん!!

あだ名は、翔太 笑笑

紫耀「翔太〜!!」

廉「翔太、来るの早くない?」

海人「もうそんな時間?!」

勇太「おはよぉぉぉぉ」

優太「おっ。ご飯美味そ」

平川「翔太呼びするなっつーの 笑
ひ・ら・か・わ・!!」

全員「ひっらかっわさーん!」

平川「は〜い!ってやらすな!!笑笑」

全員「笑笑」

平川「あれ?玄樹は?」

紫耀「まだ寝てるよ〜」

勇太「俺起こして来r…」

玄樹「おは…よ、」

全員「あ、来た」

優太「大丈夫??」

玄樹「あ、うん、笑
昨日、飲んでないのに二日酔いっぽくて」

紫耀「え、なんでなんで?
昨日、いわげん飲んでなくない?」

玄樹「そのはずなんだけどなぁ…」

『…え?昨日のこと覚えてない系?』

廉「…」

玄樹「昨日は…みんなが寝たら俺も寝て。
気がついたら朝になってた…」

『…わーお 笑笑』

廉「まぁ、ええんじゃない?笑」

『…そだね!笑笑』

海人「ぼくらが朝見たやつと関係ある??」

優太「え、あんの?」

『あるわけでもないしー、』

廉「ないわけでもないな 笑」

海人&優太「どっち!!笑笑」

まじかぁ…覚えてないのかぁ…笑笑
平川「まぁ、なにがなんだか知らんが
今日は撮影があるぞ!」

『だるるるるるるる』

平川「はいはい、うるさい。
車乗れ〜」

全員「は〜い」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る