無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第78話

7人でまたスタート 。


あなたside


…ん〜… 。



とてつもなく入りづらい 笑

いやもう心臓飛び出そうやばい 笑

ななななんて言って入ろう … 。

ただいま ? それとも 、ごめんね ?

ええええどうしよう … 。



?「お 、あなたじゃん」

?「姫 !!
久しぶり !!!」





あああああ救世主が来た … ←


てか 、健人くんの呼び名が姫になってる (




『ふまけん !!!
助けてええええ』

健人「どうしたの姫 ?!
なんかあった ?!」

風磨「なに?キンプリ入れなくなった ?笑」

『いや 、ちょっと惜しいかなうん 笑』

風磨「じゃあなんだよ」

『楽屋に … とても入りづらいです』

健人「そんなの簡単だよ !
あ 、ただいまー 的なノリで入っていけば 笑」

風磨「うん強行突破以外選択肢はないな 笑」

『それが出来ないんですよ … 』

健人「じゃあ俺らの後ろに隠れてれば?
俺らがキンプリの楽屋入って行って
その流れで 、ばぁ!的な 笑笑」

風磨「え〜めんどっ」

『今度 、お菓子の○ちおかで
ピュレグミ買ってあげる』

風磨「よしのった」





よっし 。やっぱグミでつれる風磨はチョロい ←
ふまけんの後ろに隠れて  …  結局は強行突破  !笑



が 、がんばります !!