無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

ふまけんday
永瀬side

今日は久しぶりにあなたとの撮影なんやでっ ♡
ほんとあいつちょこまかしすぎやって  。
さっきまで楽しそうに


ふまけんパイセンと喋ってたんに


今度はスタッフさんかいっ!
俺は無視かいっ!





『あなた。撮影始まるで』

あなた「あっ、りょーかいっ!
んじゃあ!」

スタッフ「あっはい///」







あああああもうイラつくわー。


なんなんこの気持ち。


嫉妬…?まぁそんなもんやな 笑笑


俺はあなたに恋したのかもな 。



カメラマン「よし、じゃあ
廉くんがあなたちゃんにバックハグして
見よっかー」

『ば、ば?!///』







…なぁ照れてるん?



照れてるってことは期待してもいいん?




『((ギュッ』

あなた「うわっ、ちょ!///」

『ん?なんや?ただハグしとるだけやろ?』

あなた「いや、そうだけど、、、」

『なに?照れとるん?笑』

あなた「…///
うるさいでっ!」







ほんと、そんな反応しないでや。


期待しちゃうやん。



お願いやから。俺を乱さないで__________ 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る