プリ小説

第18話

あなたside


カメラマン「それじゃ始めていいよ〜」

廉「は〜い」

『は、はぁ…』


いやぁぁぁぁぁぁぁ←


なんか廉さん怖いよぉぉぉぉ←←←


廉「…((ギュッ」

『れ、れん…?』

廉「どこ行っとったん…?」

『ど、どこって…』

廉「ほかの男のところ行ってたん…?」

『え、いや違ッ…』

廉「なんで…キスマついとるん?」

『いや、その〜…』

廉「お仕置きやな((ドサッ」


そう言い、廉はうちのことをベットに押し倒した。
なんか、もう…怖いです、はい 笑笑

『れ、れん?』

廉「…」




廉は、ただひたすら無言で首を撫でてくる。


そういや、こんな場面前にもあったような…?笑
(詳しくは、"キスマ"の回で)

そこから動こうとしても

廉の手が邪魔で動くことが出来ない。

『ちょ、ねぇ。廉…』

廉「うるさいなぁ…((口を塞ぐ」

『ふっ///ん、ちょ…』

廉「…今度、他の男のところにおったら
キス以上のことするからな?((ニヤッ」

『…////』

カメラマン「はい、カットォー!
良かったよー!!」

紫耀「廉…おまえ…よくも、俺のあなたを…」

『いや、紫耀のじゃないし 笑笑』

海人「ねぇ!あなた!
何があったの?!
玄樹のせいで見れなかったんだけど!」

『…純粋な海人はまだ知らない方がいいね 笑』

海人「えぇ?!」

玄樹「うん、やばかった 笑笑」

『そりゃあ、そうでしょうね 笑笑』

勇太「なぁあなた 笑笑
岸くん放心状態になってるよ 笑笑」

『え?笑笑
岸くーん?きっしー?きてぃー?おい、猿??』

優太「はっ!猿じゃねぇよ!」

『あ、気がついた 笑笑』

全員「笑笑」

カメラマン「あなたちゃーん!
玄樹くーん!
結果発表出たよ〜」

『え、結果発表?』

玄樹「あ〜インスタ映えのやつね 笑笑」

『あ!!忘れてた 笑笑』

カメラマン「勝ったのは〜…」



続く ♡♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登