プリ小説

第10話

キスマ
あなたside


え〜、はい。


今、近キョリ恋愛見てるんですけど、


もうそろそろ美麗と奏多のキスシーンが来ますよ 笑笑
((チュッ
勇太「うわ〜 ♡♡♡」

紫耀「きゃ〜 ♡♡♡」

海人「やっば ♡♡」

玄樹「まじか ♡♡」

廉「うぉい!!」

『笑笑』

優太「あなたの唇柔らかかったなぁ…」←

『今更何言ってんの 笑』

紫耀「よし!!!
今日はヤケ飲みするど〜!!!」

勇太「するするする!!!」←

優太「おっれも〜!!」

玄樹「俺は遠慮しとく〜」

紫耀「そう??
あ、廉と海人とあなたは飲んじゃダメだよ?!」

廉「飲まんわ 笑笑」

『お酒嫌〜い』

海人「ぼくも〜」

紫耀「よし!じゃあ、ヤケ飲み始め〜!!」













『んん…あれ…?寝てた、?』

玄樹「あ、あなた起きたの?」

『あ、玄樹。みんなは?』

玄樹「ご覧の通りですよ 笑笑 」

『あ、笑笑』

玄樹が指差した方には、

きてぃと紫耀と勇太が酔い潰れて、

廉と海人が睡魔に勝てずに寝ていた。

紫耀「んん…。あなたはおかきぃ。
むにゃむにゃ」

『うちがおかきってどんな夢見てんの 笑笑』

玄樹「それね 笑笑」

優太「んん…。俺は…天然じゃないぞぉ。
ひらののほうが天然…むにゃむにゃ」

玄樹「確かに、紫耀の方が天然だね 笑」

『それ分かる 笑』

勇太「んん…。玄樹…」

玄樹「あ、俺?笑笑」

勇太「あいしてるぞぉ…むにゃむにゃ」

『ふふっ 笑笑』

玄樹「…なんか寝言で言われると心が
こもってない気がする 笑笑」

『そりゃそうだろうね 笑笑
てか、寝言面白すぎ… 笑笑』

玄樹「…ねぇあなた」

『ん??どしたの?玄樹』

その瞬間、玄樹は、


机にあった余ってるお酒を一気飲みした。

『え、ちょ、大丈夫?!』

玄樹「((グイッ」

『へ?!』

玄樹「((ドサッ」

え、ちょ、あまりに行動が早すぎて


飲み込めないんですけど ?!


なんか今、ベットに押し倒されてます。
『げ、玄樹?』

玄樹「俺も…男だよ?」

『へっ?』

え、ちょ、まてまてぇぇぇぇぇい!!←


顔近づいてくる!!!!


え、キス???え、ちょ…。


玄樹「((チュッ」



いや、なんか、唇かと思ったら首でした 笑笑

てか、長い長い!


『ん…ちょ、げんきっ//』

廉「…何しとん?」

『…!!廉…』

玄樹「…💤」

気がつけば、玄樹は私の上で眠った 笑笑
『玄樹…?あれ?寝てる?!』

廉「…ふは、笑笑」

『ちょ、廉…笑ってないで助けてよ…笑』

廉「はいはい((玄樹をどかす」

『ありがと…笑笑』

廉「てか、みんな寝てるん?笑」

『うん、そうみたい 笑笑』

廉「で?」

『ん?』

廉「ん?じゃなくてさ。
なんで?」

『なにが?』

廉「…玄樹」

『あ…いや、襲われてたっていうか…』

廉はなにも言わずに首を撫でてきた。
『んっ?!//』

廉「…上書き」

そう言いながら玄樹がつけたキスマの


上にキスをしてきた。
『んっ…ちょっ、//』

廉「…なに?感じてんの?((ニヤッ」

『いや、そういうことじゃなくて…//』

その時。部屋の片隅でカタンっと言う音がした。

廉「ん?」

『え?!』

海人「あー、えーっとー、ごめん 笑」

優太「うん、そうだね、決して覗く気は
なかったんだよ 笑笑」

『…っ////ばーかばーか!!』

廉「バカやって〜笑」

海人&優太「え…」

『廉に言ってんの!ばーか!///』

廉「んん?なんか言いましたか?あなたさん?」

『…何にも言ってないです』

廉「なら、よし」

海人「何だかんだ言って仲良いねこの2人」

優太「だな 笑笑」

『朝ごはん作ってくる!』

廉「トースト希望〜」

海人「ぼくも廉と同じで!」

優太「じゃあ、俺も〜!!」

『はいはい 笑』

なんか、もう。


色々ありすぎて頭パンクしてる!!


やばい…笑笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登