無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

お誕生日
優太side

いやぁ、、、危ない危ない 笑



せっかくのサプライズがバレるところだった 笑



実は、、、今日は5月8日 。明日は5月9日 。



そう、あなたの誕生日なんですよ!笑



海人「もう!岸くんのせいで
バレるところだったじゃん!」

『ごめんって、笑』

玄樹「そんなことよりも
プレゼント取りに行かないと
時間やばくない?」

廉「料理とか飾り付けとか
今日中に終わらせんと、、、早よ行くか!」

キンプリーあなた「おー!」












いやぁ…プレゼント買いに来てるんですけど…




北斗「あ、キンプリ 笑
お姫様いないっすけど 笑」

大我「え~、キンプリのお姫様に
会いたかったな~笑」





なんか、きょもほく発見しました 笑笑

疲れたから、紫耀がカフェに寄ろうって提案して



入ってみたら、、、この状況ですよ、、、笑



紫耀「きょもほく、、、なんか意外」

廉「それな」

玄樹「大我と北斗って仲悪いんじゃないの?」

北斗「仲悪いって訳でもないけど
良いって訳でも無かったっすよね 笑」

大我「ジャニーズJr.チャンネルの
SixTONESの企画で北斗と、めっちゃ話してさ笑
そっから、なんか仲良くなった 笑」

海人「あぁー!きょもほくのサシトーク!」

『海人知ってんの?』

大我「あっ、見てくれたんだ 笑」

海人「見た見た!あなたと見たの!
あなたね、沈黙の時点から爆笑してたよ!」

北斗「え、なんか酷い 笑笑」

大我「んまぁ、あなたらしいよね 笑
てか、なんでキンプリはここに?」

勇太「あなたの誕生日プレゼント買いに来た 笑」

北斗「あー!明日か!」

大我「俺、明日仕事一緒だからその時渡そ 笑」

玄樹「んまぁ、俺らは帰りますか!」

廉「色々と準備あるしな」

紫耀「じゃね!きょもほく!仲良くね!」

北斗/大我「おう!/はいはい 笑」









早く帰らないと、、、。



今日中に準備終わらせないといけないんですよ?


日付が変わる12時ぴったりにあなたを




リビングに呼び出して、



オールしながら祝うんだぜ!←


だから、早く帰って準備しないと!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み こ と  …   🥀
み こ と … 🥀
👑 )可 愛 く て 、 野 球 が 大 好 き で 、 優 し く て 、 隠 れ え く ぼ が あ る 君 が 大 好 き で す ______________ ♡ 🥀 )顔 が 整 っ て て 、声 が 可 愛 く て 、 ダ ン ス が 上 手 く て 、フ ァ ン サ が 多 い 君 に 惚 れ ま し た ______________ ♡ 🎤 )惚 れ る ほ ど の 池 麺 で 、面 白 く て 、 ツ ン デ レ す ぎ て 、青 の 帝 王 っ て 呼 ば れ て る 君 に 恋 し て ま す _______________ ♡ 👑 ) 岩 橋 玄 樹 🥀 ) 七 五 三 掛 龍 也 🎤 ) 那 須 雄 登
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る