無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

162
2021/11/27

第3話

カタオモイ
あなた

おじいちゃん、おばあちゃんになって

あなた

今よりしわが増えても

あなた

一緒にいようね

颯太
うん
颯太
じゃあ僕のも約束してよ
あなた

ん?

颯太
僕がギターを思うように弾けなくなっても
颯太
高い声が出せなくなっても
颯太
僕と一緒にいつまでも歌ってくれる?
あなた

もちろん

あなた

もしそうちゃんに拍手も歓声もなくなったとしても

あなた

私がずっとファンで有続けるから

あなた

私のために歌い続けてね

颯太
うん、約束する
あなた

私のこと忘れてもいいから

あなた

絶対絶対、先にいなくならないでね

あなた

私おいてどっか行くなんて絶対許さないからね

颯太
うんっ
颯太
僕、生まれ変わってもあなたのこと好きになると思う
あなた

あなたが最低女でも?

颯太
僕が治すよ
あなた

私が違う人と付き合ったとしても?

颯太
ずっとずっと片想いしてるよ
颯太
ねえあなた?
あなた

ん?なに?







.
颯太
愛してるよ









カタオモイ