無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
229
2021/11/26

第1話

ベテルギウス
空に浮かぶ何かを1点見つめていると
あなた

…それは星っていうんだよ

あなた

黎弥

黎弥
星…
あなた

何万年、何億年前の光が今私たちには見えてるの

あなた

だから今ある星は私たちが忘れた頃にまたひ光り輝くんだよ

黎弥
……
あなた

いつもそこにあるようで実は遠い世界なんだよね…

黎弥
…そうだね
あなた

黎弥が元気になりますようにってお祈りしないとね

黎弥
お祈り…
あなた

そう






















.
あなた

黎弥の記憶が元に戻りますように、







その祈りを願い終わった瞬間、視界が真っ白になった
黎弥
ま、待って…!
薄れていた記憶が頭に入っていく感覚
黎弥
っ……
全てを思い出した時記憶の中の君は儚く消えていった
黎弥
……思い出したよ



.
黎弥
あなた



そうやって君は笑うかのように星を光らせた__






記憶の中の君へ


約束する。君の分まで光り輝くよ_____












ベテルギウス