無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

112
2021/11/28

第6話

そこらへんによくある話
ある日女の子達から呼び出された
いつも勇征を取り巻く女の子達からだった
その子達は勇征の彼女とも仲が良くて
私が勇征といる事がどうしても許せないみたい
屋上に呼び出されたから正直に従って行ったら
突然水をかけられた
夏の終わりかけ、少しは寒いけど我慢できる寒さ
それでも浴びせられた罵声は私の心をえぐった
教室へ戻る途中
会ってしまった
勇征
ねぇなんでずぶ濡れなの!
勇征
大丈夫かよ!
あなた

勇征…

勇征
ちょ、俺タオル持ってくる!
行かないで


そんなことが言えたなら


その大きな背中にしがみついて


泣きじゃくってみたい






絶対やらないけど…





.
勇征
はい、タオル
あなた

ありがと

勇征
てかなんでそんなずぶ濡れなわけ?
あなた

体育の用品綺麗にしとけって言われたからホース持ったんだけど

あなた

暴れた

勇征
ふっwwww
勇征
なにそれww超おもしろいじゃん!ww
あなた

…うんっ

お願いだからその笑顔や笑い声を私以外の女に


聞かせないでほしい


そんなこと思う私自身自分が嫌いだ


こんなに辛いなら殴り合いの喧嘩でもして絶交になって



もう関わらないほうがお互い幸せかもね




これはそこらへんによくある哀しい片想いの話