無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

動き出す運命
180
2021/11/18 02:59
カールハインツ
カールハインツ
…やあ、目覚めたかい?イヴ
…あなた
あなた

…はい…カールハインツ様

ドアを開けて入ってきたのは、私を眠らせて来るべき時を待てと言ったあの人…カールハインツ様。名前と姿以外、詳しいことは何も知らないけれど…。
あなた

…私が目覚めたと言うことは、来るべき時が来た…ってことなんですか?

カールハインツ
カールハインツ
ああ…長い間、眠らせてすまなかったね。突然だけど、君は言い聞かせていた通り「選ばれしイヴ」…あなただ。君にはこれから、「アダム」として相応しいのは誰か…選んでもらうよ。本来はシュウにしたかったんだけど、キノも動き始めてるみたいだからね。…ではイヴ、私は君たちがどんな運命を辿るのか…ゆっくり見させてもらうよ。それではね…
あなた

え…?あ、待ってください…カールハインツ様…!

私が止める声もむなしく、カールハインツ様は私にそう言うとすぐに目の前からいなくなった。「イヴ」も、「アダム」が何なのかも何もわからないのに…。

そして、またドアが開かれてカールハインツ様とは違う、二人の人影がそこにはあった。ここから、私の運命は大きく回り始めたのだったー…。