無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

43
2021/09/18

第6話

第三章悪魔の転校生
それは、菜々姉が死んで、一年後に起きたこと。
先生
先生
今日は転校生が来るぞ!
井本翔
井本翔
転校生か。楽しみだな、あなた。
あなた

そうだね。

その時の私は転校生なんてどうでもいいと思っていた。
まさか、その転校生がこの後の自分に降りかかる不幸の原因だとは爪の先ほども考えていなかったのだ。
天野うらら
天野うらら
天野うららです!!
よろしくね!
先生
先生
席は美城の隣だ。
あなた

私です。

天野うらら
天野うらら
チッ美城さん、よろしくね!
その転校生は、悪魔の転校生だった。
悲劇の歯車が動き出したのは、その日の放課後。
天野うらら
天野うらら
ねぇねぇ、あなたちゃん、ちょっと渡したいものがあるんだけど....
ちょっと体育館に来てくれるかな?
あなた

え、別にいいけど...

天野うらら
天野うらら
じゃあ、行こ。
井本翔
井本翔
じゃあ俺下駄箱で待ってるよ。
あなた

ん、分かった。

そして体育館に行った。
ガチャリ
天野うらら
天野うらら
あのさぁ、井本君と仲良くしててうざったらしいんだよ。
あなた

えっ???

体育館の扉を閉めた瞬間、天野さん態度が激変した。
天野うらら
天野うらら
だからさぁ、嫌われ者になって?
そう言ってカッターで自分の腕を切りつけて、そのカッターを私に押し付けた天野さんの目は、まるで昔絵本で見た悪魔の目のようだった。
天野うらら
天野うらら
スウッきゃあぁぁああああああ!!!!!
クラスメイト
クラスメイト
美城さんとうららちゃん
その傷、どうしたの?
まさか.........?
天野うらら
天野うらら
ヒグッ、あなたちゃんがぁ、ヒック、私のことが嫌いだって、言って、カッター、で、切った、の。い、痛い、よぉ
クラスメイト
クラスメイト
そうなの!?
美城さん、ひどいっ!!
あなた

ち、違っ.......

井本翔
井本翔
なんか叫び声が聞こえたけど、どうしたんだ?
クラスメイト
クラスメイト
美城さんが、うららちゃんのことをカッターで切ったんだって!
井本翔
井本翔
そうなのか、あなた?
あなた

違うっ!!私じゃない!天野さんが自分でやったのっ!! 

クラスメイト
クラスメイト
でも、うららちゃんの傷痛そうだよ!
井本翔
井本翔
とりあえず帰ろう。天野はモブ川と一緒に保健室へ行け。俺は帰る。
あなた、お前も帰れ。
あなた

う、うん..........

自分がどうなってしまうのか、という不安と共に家に帰った。
そして次の日
あなた

お、おはよう.......

田中美由
田中美由
なんで、あんなことしたのっ!?
あなた

え?美由ちゃん?

クラスメイト2
クラスメイト2
天野の腕をカッターで切るなんて最低だな。
あなた

ちっ、違うのっ!

井本翔
井本翔
何が違うんだよ。
あなた

翔君......?

井本翔
井本翔
天野の手の傷、明らかにカッターの傷だった。
自分で自分の手を切る分けないだろ。
あなた

だからっ!!

天野うらら
天野うらら
そ、そんなに美城さんを責めないであげて!
元は、私が美城さんに嫌われたのが悪いんだもん......
クラスメイト
クラスメイト
うららちゃんは優しいね。こんな優しいうららちゃんをいじめるなんて本当、最低!!!!!
クラスに入った瞬間、クラスメイトから向けられる軽蔑の目が、両親とかぶって、目眩がした。
田中美由
田中美由
あなたちゃんなんか、もう友達じゃないっ!!
なんで?
嘘に惑わされて、友達を辞めるのって、本当の友達なの?
井本翔
井本翔
裏切り者。
そっか、偽物の友達だったんだね。
これは、私の中で友達という文字がガラガラと音を立てて崩れた日。 
他の人には何気ない普通の日。
それは私にとって、不幸の日だった。
主
過去なのに、あなたちゃんのアイコンが現在ので、ごめんっ!!
主
次から過去編ではなくなります!!
主
次回「生き甲斐」!
お楽しみに〜