無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

33
2021/10/01

第12話

家にて
その後、なんとか倉庫から出て、ただいま玄関の中。
これからさらに始まる地獄に嫌でも腰が引けてしまう。
あなた

大丈夫、大丈夫

全くもって大丈夫ではないのだが、そう呟いて中に入る。
そして、今朝買ったサンドイッチを口に入れた。
サンドイッチのゴミをゴミ箱に捨てると同時に、乱暴に玄関の扉が開いた音がした。
父が帰ってきたのである。
あなた

ッ.......…

母は今遠くに出張をしていて、しばらくは家に帰ってこない。
それでけが救いである。
美城勲
美城勲
おい、来い。
あなた

.......…

その日の父は、お酒に酔っていたようで、いつもよりも乱暴だった。
言われるがままついて行くと、父が殴り始めた。
ボコッ
ガコンッ
あなた

ッ...

父は基本は何も言わずに殴る。
ドンッ
あなた

ッッ.......…

痛い。
やめて。
まだ昨日の傷も治ってないの。
まだ精神の傷が癒えないの。
ずっと前に開いた心の穴を、痛いくらい冷たい風が吹き抜ける。
美城勲
美城勲
菜々もあなたも自慢の娘だ!
前までは優しかったのに、
愛してくれたのに、
可愛がってくれたのに、
なんで、なんで.......…
ドカッ
あ、そうだよね、少し考えれば分かることだよね。
菜々姉は良い子成功作、私は悪い子失敗作
菜々姉は大事な子、私はお荷物。
最初から、2人とも私のことなんて見てなかったんだ.......…
優しく接していたのも菜々姉。
愛していたのも菜々姉。
可愛がっていたのも菜々姉。
私は自分が愛してもらっていると勘違いして、笑ってただけなんだ。
あなた

ハハッ

馬鹿みたい。
私は悪い子。
私はいらない子。
生きている意味なんてない子___