前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
119
2024/02/03 06:34
あなた
おはようございまぁぁぁす!!

朝になり、夏油傑の部屋に飛び込んできた1人の女

あなた
夏油様!
今日も今日とてかっこいいですね!!

夏油傑
ふふ、ありがとう

あなた
ガハッ、夏油様の笑みが見れただけで
寿命100年伸びました…!!

夏油傑
そんな大袈裟な

特級呪詛師を崇拝しており

あなた
本当ですからね!?
意地でもあと100年生き続けて見せます!


美美子
ズバリ!夏油様のいいところといえば!

あなた
夏油様のいいところなんてもう山ほどあって伝え切れるか本当にわからないんだけどね、まずあのチャーミングな前髪!あの前髪があるだけで夏油様の素晴らしく整った顔がさらに美しいものになっているのです!!そして呪霊を集めるという目的があるものの、猿どもにも慈悲深い心で接していて…

美美子
ストップストップ!!
気持ちはわかるけど息継ぎくらいして!?

異常なほどの狂愛を捧げるもの

そんな彼女の口癖は

あなた
我らが夏油様!!

作者
作者
↑この作品の兄弟作品(?)です
作者
作者
1週間で☆50超えたら残します!
超えなかったら非公開ということで…
作者
作者
愛読よろしければ!

プリ小説オーディオドラマ