無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話(:3)っ⌒つ
寝てから何時間だったんだろう……
喜花
喜花
(´-ω-`)スピー(´-ω-`)スピー
喜花
喜花
( ⊙ω⊙ )……朝……!
鯖さん
鯖さん
いいえ、夜です
喜花
喜花
私にとっては朝
鯖さん
鯖さん
そっか、吸血鬼は朝が夜で夜が朝なのか……??
喜花
喜花
(·∀·)ニヤニヤ??
||☆\“(・_・。)コンコン
レウクラウド
レウクラウド
食堂でご飯の準備出来たって!
鯖さん
鯖さん
あぁ、分かった
3人揃って食堂に向かう
食堂
|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ
喜花
喜花
お待たせぇ
金豚きょー
金豚きょー
そんなに待ってない
緑色
緑色
テカ、キハナサンハゴハンッテ血デショウ?ダレノノムノ
らっだぁ
らっだぁ
俺の飲む??
喜花
喜花
らっだぁくんの血はさっき貰ったから、今吸うと貧血で倒れちゃうよ!
金豚きょー
金豚きょー
じゃあ"、俺の飲むか?
らっだぁ
らっだぁ
ハァ!!
喜花
喜花
良いのかい??
金豚きょー
金豚きょー
いいゾ~^、後で俺の部屋来い
喜花
喜花
じゃあ、後で行かせてもらうわ!!
コンタミ
コンタミ
よし、料理が冷めちゃうから食べよう!
皆(喜花以外)[いただきます]と言って食べ始める
数分後みんな食べ終わった
金豚きょー
金豚きょー
よし、喜花さん部屋行きましょう
喜花
喜花
はぁ~い(о´∀`о)
らっだぁ
らっだぁ
きょーさん、変な事するなよ……
金豚きょー
金豚きょー
さぁ、どうだか
喜花
喜花
……??
金豚きょー
金豚きょー
じゃあ、行こ
私はきょーさんに引っ張られて食堂を出た
らっだぁ
らっだぁ
あぁぁぁァ喜花さんぁあ"[食堂の中から]
緑色
緑色
ウルサイ
レウクラウド
レウクラウド
らっだぁどんまい
1分ぐらい歩くと
金豚きょー
金豚きょー
中入って
喜花
喜花
(*・∀・*)ノ ハーィ
私はきょーくんの部屋の中に入った
金豚きょー
金豚きょー
ちょっと待ってな、服脱ぐから
喜花
喜花
肩だけでいいからね
金豚きょー
金豚きょー
分かってるって
そう言い、きょーくんは肩を出した

私はきょーくんの首元に近づき
喜花
喜花
いくね
金豚きょー
金豚きょー
あぁ、
きょーくんの首に牙を立てる
喜花
喜花
んぅ……ゴク……!……(美味しい)
金豚きょー
金豚きょー
ぁ…んっ……んむ……はぁ……!……
金豚きょーside
俺は今喜花さんに血を吸われている
金豚きょー
金豚きょー
ぁ……ぁん……!……(声が漏れちゃう)
昔喜花さんに血を吸われた時はあまり快感は来なかったけど吸われていくにつれて快感が増している
喜花
喜花
ん…ゴク…
俺は血を吸っている喜花さんの顔を見る
金豚きょー
金豚きょー
はぁ……はぁ……(綺麗)
喜花
喜花
……ぷはぁ……[牙を抜く]
金豚きょー
金豚きょー
ぁ……もう……終わり……ぁ……
喜花
喜花
うん、もうお腹いっぱい
喜花
喜花
ありがとう
そう言うと俺の頭を撫でてくる
金豚きょー
金豚きょー
ん……どういたしまして
金豚きょー
金豚きょー
じゃあ、部屋に戻って寝な
喜花
喜花
あぁ、また明日
金豚きょー
金豚きょー
あぁ、また明日な
喜花さんは俺の部屋から出ていった
金豚きょー
金豚きょー
らっだぁがヤバいって言ってたのわかるわ
金豚きょー
金豚きょー
(はぁ、本当に好き)