無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話( *´艸` **ウフ♡)
喜花side 宿
宿の主人
宿の主人
いらっしゃい
喜花
喜花
4日間お願いしたいのですが
宿の主人
宿の主人
わかりました60ドルです
喜花
喜花
はい、これで丁度です
宿の主人
宿の主人
此方、部屋の鍵です
喜花
喜花
ありがとうございます
私は貰った鍵を持って部屋に向かった
部屋
喜花
喜花
ふぅ、日に当たってたせいで少しヒリヒリする
腕を捲ってみると少し赤くなっていた
喜花
喜花
これからどうしようかな(4日間居て吸血鬼ハンターが来なければ暫くここにいようかな)
喜花
喜花
グゥ〜ギュルル(お腹空いた)
私は持っていたカバンを漁る
喜花
喜花
(○○から貰った血もう無いのか……)はぁ
喜花
喜花
街に出てみるか
私は最低限のものを持って部屋を出た
街の中心部
ガヤガヤザワザワ
喜花
喜花
これは凄い!まだ数年の国なのに人がいっぱいだ!
(これは、この国はあと数年でもっと立派になるだろうなぁ)
歩いているとあっちこっちからお姉さん果物買わないとかこれお嬢ちゃんに似合うよ見て行かんとか言われる
喜花
喜花
(お姉さんでも無いしお嬢ちゃんでも無い……BBA何だよな)
ベンチに座ってのんびりしていると[日傘を差している]
町娘
町娘
きゃぁぁぁ!!総統様よぉぉ
町娘2
町娘2
待って、総統様の隣にいる方って幹部の方よ!きゃぁぁぁ!!
喜花
喜花
(フム、女性に人気なのか)
らっだぁ
らっだぁ
皆変わりないかぁーー
レウクラウド
レウクラウド
ちょ、余り大声出さないで
レウクラウド
レウクラウド
ある人探しに来たんでしょう?
らっだぁ
らっだぁ
そうだった
らっだぁ
らっだぁ
ねぇ、皆、水色の髪色でここまでの長さで肌白の女性見てない
町娘
町娘
……!!私知ってる
レウクラウド
レウクラウド
何処にいるか、分かる??
町娘
町娘
あっちのベンチに座ってましたよ
喜花
喜花
[耳がいいので聞こえている] 
(私の事??吸血鬼ってバレた!!来たばっかりなのに!!)
そうすると、赤髪と青い髪が私に近づいてきた
らっだぁ
らっだぁ
あの、
喜花
喜花
はい……(やばいどうしよう、コウモリになって逃げるか??)( ˘ •ω• ˘ )
らっだぁ
らっだぁ
俺たちの事覚えていますか??(小声)
喜花
喜花
え?どっかでお会いしましたか??(この顔どっかで……)
らっだぁ
らっだぁ
7年前とある集落で
喜花
喜花
……(7年前……集落……らっだぁ……)あ!!!
らっだぁ
らっだぁ
思い出しましたか?喜花さん(小声)
喜花
喜花
らっだぁくん……じゃあ、隣に居るのってレウくん
レウクラウド
レウクラウド
はい!7年ぶりですね
らっだぁ
らっだぁ
久しぶりだからもっとゆっくり話したいから城に行こ
喜花
喜花
私なか行っちゃダメでしょ!
らっだぁ
らっだぁ
強制!!
私の事をヒョイット持ち上げて走り出す
城 総統室
喜花
喜花
びっくりしたよ!あんな小さかったらっだぁくんがこの国の総統とはね
らっだぁ
らっだぁ
あれから皆で国を作る為に必死で勉強をしたんですよ!
喜花さんを探しながら、なかなか見つからないから吸血鬼ハンターにでもやられちゃったのかと思いましたよ
レウクラウド
レウクラウド
心配しました
喜花
喜花
HAHAw、私はそんな弱くないから大丈夫だよ
レウクラウド
レウクラウド
この国にどこくらい居るんですか?
喜花
喜花
そうだね、吸血鬼ハンターが来なければ数年は居ようかなって思ってる
ガチャ ||.c( ゚ω゚`|
金豚きょー
金豚きょー
よぉ、喜花さん
喜花
喜花
きょーくんも幹部なんだね
金豚きょー
金豚きょー
おぅ、こいつ(らっだぁ)に着いてないとやらかすからな、おれがしっかり見張ってるんだ
喜花
喜花
そうn)ギュルル
らっだぁ
らっだぁ
お腹すいてるの??
喜花
喜花
もう1ヶ月も飲んでない
らっだぁ
らっだぁ
飲む?[ボタンを外して肩を見せる]
喜花
喜花
良いのかい?
らっだぁ
らっだぁ
いいですよ
喜花
喜花
じゃあ、貰う
らっだぁ
らっだぁ
お前ら見んな!出てろ
金豚きょー
金豚きょー
えぇ〜、仕方ねぇな
レウクラウド
レウクラウド
見られてるとかずかしいですもんね、仕方ない
2人は廊下に出た