無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話✿˘︶˘✿ ).。.:* ♬*゜
らっだぁside
食堂____
らっだぁ
らっだぁ
皆ぁぁぁ!!
俺は食堂の扉をバァーンと開ける
金豚きょー
金豚きょー
あ"?うるせぇ
レウクラウド
レウクラウド
そんなに急いでどうした
緑色
緑色
喜花サンハ?
らっだぁ
らっだぁ
喜花さんが手紙残して出て言っちゃった!!
コンタミ
コンタミ
え?
鯖さん
鯖さん
らっだぁ
らっだぁ
荷物もなかったし
レウクラウド
レウクラウド
なんで…
らっだぁ
らっだぁ
手紙に迷惑かけたくないって書いてある
緑色
緑色
サガセバマダチカクニイルカナ?
金豚きょー
金豚きょー
でも、吸血鬼だ空飛んだり人と歩くスピードも違う、今追いかけたとしてと追い付かないだろう
らっだぁ
らっだぁ
ぅ…
鯖さん
鯖さん
[また、いつか会いましょう]って書いてあるから、その日を待とう
コンタミ
コンタミ
そうですね、ここで喜花さんが帰ってくるのを待ちましょう
らっだぁ
らっだぁ
……う…ん
俺はすごく探したい、でも絶対に追いつかないだから俺はここで待つ喜花さんが暮らしやすい国にしてみせる
________________________


短くて申し訳ない