無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話コロナニパンチ( ∩'-' )=͟
喜花side
部屋に戻った後すぐに布団に入った
喜花
喜花
布団に入っても寝れない……
吸血鬼だから夜は目が冴えていしまう
喜花
喜花
少し外に行こうかな
私は部屋を出て屋根の上に登る
外は冷たい風が吹いているヒュ〜
喜花
喜花
ん[座る]
私はしばらくボーとしていると、ガタという音がして横を見ると
レウクラウド
レウクラウド
ぁ!喜花さん来ていたんですね^^*
喜花
喜花
レウくんかい
レウクラウド
レウクラウド
お隣いいですか?
喜花
喜花
えぇ、どうぞ
レウクラウド
レウクラウド
失礼します[座る]
喜花
喜花
今日は月が良く見えますね
レウクラウド
レウクラウド
そうですね、空気も澄んでいて雲ひとつない……
レウクラウド
レウクラウド
喜花さん
喜花
喜花
はい、何でしょうか
レウクラウド
レウクラウド
寝れないんですか?
喜花
喜花
寝れませんね、吸血鬼は夜型ですからね
レウクラウド
レウクラウド
質問いいですか?
喜花
喜花
どうぞ
レウクラウド
レウクラウド
なぜ、喜花さんは夜ではなく朝活動するんですか?
喜花
喜花
人間に似せる為、そうすれば吸血鬼ハンターにバレるのが少し減ります
レウクラウド
レウクラウド
何時から、朝活動できるようになったんですか?吸血鬼は日に当たると灰になるのでは
喜花
喜花
何時からでしょうか?もう忘れてしまいました
レウクラウド
レウクラウド
そうですか
数分沈黙が続いた
喜花
喜花
そろそろ部屋に戻りましょうか?体が冷えちゃう
レウクラウド
レウクラウド
そうですね
喜花
喜花
ちょっと失礼するよ[レウくんをお姫様抱っこする]
レウクラウド
レウクラウド
///ちょっと……!
喜花
喜花
こっちの方が降りるのが早い
私はそのままジャンプをして下に降りる
レウクラウド
レウクラウド
ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
喜花
喜花
怖かったかい
レウクラウド
レウクラウド
(´;ω;`)
喜花
喜花
ごめんごめん
喜花
喜花
さぁ、部屋に戻って
レウクラウド
レウクラウド
はい、また明日
私も部屋に戻って無理やり寝た