無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3,603
2020/02/26

第1話

1話
自分
お婆ちゃん話って何?
お婆ちゃん
お婆ちゃん
ほらあなた、高校生になったら一人暮らしするんでしょ?学費が必要なんだけど…
自分
だけど?
お婆ちゃん
お婆ちゃん
お婆ちゃんね、あなたが高校生になったら老人ホームに行くの。それも遠いところ。だから学費払えないの。家賃代はもう先に払ってあるから大丈夫。でもね、高校だけは言って欲しいの。だから、学費の安い学校に行ってもらうの。
自分
そんなの大丈夫だよ!それより、お婆ちゃん遠くに行っちゃうのか…
お婆ちゃん
お婆ちゃん
私のことは心配しなくて大丈夫だよ。
お婆ちゃん
お婆ちゃん
今は自分の未来のことを考えなさい
自分
う、うん…。あの、高校ってなんて言う所?
お婆ちゃん
お婆ちゃん
苺山高校って言ってね、男子校なんだけど((
自分
男子校?!
お婆ちゃん
お婆ちゃん
この辺の高校の安いところはここしかなかったのよ
文句言っちゃダメだ!
自分
わ、わかった…!っでも男装しなくちゃいけないんじゃないの?
お婆ちゃん
お婆ちゃん
そうなのよ。その事なんだけど、絶対に女の子だってバレちゃいけないよ。そのために、髪の毛を切らなくちゃいけないの。それでも大丈夫?
髪の毛は女の子に絶対いるものだ。
でも、男装するためなら…!
自分
大丈夫!男装って面白そうだし!
お婆ちゃん
お婆ちゃん
よかったわ( ღ´⌣`)ホッじゃあさっそく準備として今から男装してもらうから、美容院に行ってきなさい。
自分
え?!今?!
お婆ちゃん
お婆ちゃん
そうよ。明明後日には始業式よ!はやく行ってきなさい!
自分
はーい…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな事があって、髪の毛切ってきたはいいものの…
髪の毛切るだけでこんなに印象変わるものなのね…w
お婆ちゃん
お婆ちゃん
あら、あなたかっこいいじゃない!あっ、それと『私』って言っちゃダメだからね。
自分
あ!そっか、お婆ちゃんありがと!
                    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分
本当に私…じゃなくて、俺男みたい…
元々声は男子みたいに声が低い。それと…
自分
胸どうしよう…
俺はAカップだからまだいいか…w
包帯巻けばいいんだね。なるほど…
ネットでこんな事検索してる自分が面白いww



あっ!名前変えなきゃ!どうしよう…

かっこいい名前…かっこいい名前…(-_-)ウーム

らいおん…らおん…れおん…れお…れお!
よし、名前は『八神玲於』ヤガミ レオ

よくね?w
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーあれから2日後。
新居は最近新しくできた家らしく、めちゃめちゃ綺麗
自分
俺友達できるかな…w
                           〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分
あと男っぽくしないと…
口調を男子に変えよう
それと気持ちを男子に…
自分(れお)
男子の気持ちとかわかんねぇよ…
あ、今言い方男子っぽかった?自然と言葉が出てきた
自分(れお)
俺、明日大丈夫か…?