無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,987
2020/03/04

第7話

7話
自分(れお)
じゃあな。ありがと
さとみくん
さとみくん
おう!また明日
はぁ。これからなにしよっかな…
暇だな。
帰り道を歩いていたら…
???
???
辞めてください…!
???
???
ああ?てめえ殴られてぇのか?
???
???
ちがいます…
この声って…莉犬くん?
そっと覗いてみると
莉犬くんは怯えていて今にも泣きそうな目

相手はめちゃめちゃ強そうなヤンキー

金を渡せって脅しているらしい
これは絶対助けないと…。
自分(れお)
ねぇ。君なーにしてんの?
ヤンキー
ヤンキー
あ?
莉犬くん
莉犬くん
れお!
自分(れお)
あ、君隣の学校の人じゃん。まぁそんなことはどーでもいいけど。その子離して俺と勝負しようじゃねえか
ヤンキー
ヤンキー
ああ。上等だ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
莉犬くん視点
道を歩いてたら向こう側から雰囲気がやばいやつに声をかけられた。俺こういう人まじで苦手なんだよな…
ヤンキー
ヤンキー
君、金持ってるよな?
莉犬くん
莉犬くん
いいえもってません
ヤンキー
ヤンキー
なに。嘘つくんだ。なるほどね…
これは命が危ない。

そう思って走って逃げようとした時
ガシッ
ごつい手で俺の右腕を掴まれた。
すっげえ強いし痛い
莉犬くん
莉犬くん
辞めてください…!
ヤンキー
ヤンキー
ああ?てめえ殴られてぇのか?
莉犬くん
莉犬くん
ちがいます…
壁に押し付けられて、身動きが取れない
もう無理だ。そう思ったら…
自分(れお)
ねぇ。君なーにしてんの?
ヤンキー
ヤンキー
あ?
ダメだよここにきたら、!
そう言いたかったけどあまりの恐怖で声が出ない
莉犬くん
莉犬くん
れお!
自分(れお)
その子離して俺と勝負しようじゃねえか
何言ってんの!?
ヤンキー
ヤンキー
ああ。上等だ
掴まれてた手を離され
近くの空き地から2人を見ていた。
俺のせいでれおが殴られてしまうかもしれない。
れおはなかなか殴れずに攻撃を避けるばっかり
するとれおはようやく殴って相手は地面に転がり込んだ。でもその後ろから仲間が来ていた。その人はがたいがでかくて1発殴られたら死ぬほどの強さを持っていそう。
莉犬くん
莉犬くん
れお!後ろ!危ない!
自分(れお)
わ!やべ!
思わず俺は目を瞑った。

れお、俺のせいで死ぬんじゃねえかって。

でも、ヤンキーの手を止めることができたのは…
がたいいいやつ
がたいいいやつ
おらァァァ!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
れお視点
莉犬くん
莉犬くん
れお!後ろ!危ない!
相手が倒れ込んだのが安心したのか

俺は後ろに警戒していなかった。
自分(れお)
わ!やべ!
さっきよりでかいヤツが俺に殴ろうとする。

これは本当に死ぬ…
死を覚悟して目を瞑った。
あれ…?
そっと目を開けてみると
さとみくん
さとみくん
れおは誰にも触らせねえよ!
自分(れお)
さとみ?!
がたいがいいやつは地面に倒れていた
自分(れお)
え?!
莉犬くん
莉犬くん
さとみくん、れお!ありがとう^^
めちゃめちゃ可愛いw
さとみくん
さとみくん
お前か〜!まぁ2人とも無事でよかったよ。
自分(れお)
ほんとにありがと、さとみ!(*^▽^*)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さとみくん視点
さとみくん
さとみくん
喉乾いたなぁ
冷蔵庫もなんにもねえわ
さとみくん
さとみくん
買いに行くか…
スーパーに向かっていると
莉犬くん
莉犬くん
あ!さとみ!!れおが!
さとみくん
さとみくん
なにがあったんだ?
莉犬くん
莉犬くん
あれみて!
りいぬが指した方に目を向けると

れおが殴られそうになっているところを見た
間に合え…!!!
さとみくん
さとみくん
れおは誰にも触らせねえよ!
がたいいいやつ
がたいいいやつ
うぉっ!!!
自分(れお)
さとみ?!
                               〜〜〜〜〜〜〜
自分(れお)
ほんとにありがと、さとみ!(*^▽^*)
その笑顔は反則だろうが…///

れおの笑顔見たらもっと好きになったじゃん///
さとみくん
さとみくん
気をつけて帰れよ!
自分(れお)
ありがと〜!
ふぅ。怖かった…w