無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

6
ゴクリと喉を鳴らす音也。
一十木音也
一十木音也
七海……
七海春歌
七海春歌
…一十木、くん……?
一十木音也
一十木音也
1つ、俺の願いを聞いてもらえる?
七海春歌
七海春歌
お願いですか?
私に出来る事だったら。
一十木音也
一十木音也
七海が…欲しい…///
だめ、かな…?
七海春歌
七海春歌
わ、私ですか!!б(◎△◎)"
あ、あの…///
一十木音也
一十木音也
ごめん…///
もう、待てない!!
んっ…///
春歌の返事を聞かずに、音也はそっと赤らめた頬に触れるとそのまま唇を奪った。
七海春歌
七海春歌
んっ!!///