無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

2
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
日向さん。無闇やたら、七海さんに触れない方がよろしいのでは?
月宮林檎
月宮林檎
あのトキヤちゃんがヤキモチ?
七海春歌
七海春歌
あ、あの…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
月宮さん。からかわないでくださいっ…///
腕を組むトキヤの表情は不機嫌だった。
シャイニング早乙女
シャイニング早乙女
むむむ…
MEを無視しただけでなく、ラブイー空気を漂わせてはダメよ、ダメよ、ダメなのよ~!!
とにかく、この調子で頑張ってチョーダイ^^*以上、行っていいデ~ス。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
失礼します。
七海春歌
七海春歌
失礼します。
社長室からの移動中、2人で歩いているとトキヤは重い溜息を吐いた。