無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第125話

レン×春 両想いVer.
レコーディング明けのオフの時間を、一緒に過ごす約束をしていたレンと春歌。
神宮寺レン
神宮寺レン
ねぇ、レディ?
今日は、曲作りは無しだよ。だから、オレに構ってくれないと困るな。
七海春歌
七海春歌
あ、す、すみませんっ!!
神宮寺レン
神宮寺レン
クスッ…
そうだ。ちょっとしたゲームをしないかい?
七海春歌
七海春歌
ゲームですか?
きょとんとした表情で聞き返す春歌。
神宮寺レン
神宮寺レン
所謂、心理ゲームさ。
互いにどういった答えを出したのか当てるゲームだよ。
七海春歌
七海春歌
わ、分かりました。頑張って、神宮寺さんの心理を当てたいと思います。
神宮寺レン
神宮寺レン
OK!!
後、もう1つ…もし、外したらオレのお願いを聞いてもらうよ。いいかい?
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!
レンは白紙の紙を渡すと、質問を春歌に投げかける。