無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

2
|ᴗ•)و゙㌧㌧


春歌はノックをしてから中へと入る。
七海春歌
七海春歌
失礼しま…っ!!(゚o゚;あ、あの…!!何をされているのですか!?
美風藍
美風藍
ああ。お疲れ様。後、今は近くに寄らない方がいいよ。じゃないと怪我してしまうから。
七海春歌
七海春歌
で、でも…!!そろそろ打ち合わせをしなくてはいけませんし( •́  •̀ )
美風藍
美風藍
レイジ。あの2人の争いを5分以内に収めてくれる?
寿嶺二
寿嶺二
アイアイ。それは無謀過ぎるよ。こういう場合は、2人で止めに入るのが正しいと思うんだけど?(^-^;
美風藍
美風藍
1分30秒経過。
寿嶺二
寿嶺二
っもう…仕方ないなぁ~(-。-;ランラン。ミューちゃん。後輩ちゃんが来てるからそのへんにして……(^-^;
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
あぁ?
( ¯ ⌳¯ )チッ…分かったよ。
カミュ
カミュ
…致し方あるまい。
春歌は、ホッと溜め息を吐くと、ソファーに腰掛ける。嶺二たちも席に着くと春歌を交えたミーティングが始まる。