無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

4
春歌は、少し焦った表情を浮かべていた。
カミュ
カミュ
( -ω- `)フッ
相変わらず抜けておるな。寮に置き忘れて来たのであろう?
七海春歌
七海春歌
ええ!?
見事に言い当てたカミュ。
七海春歌
七海春歌
どうして分かったんですか?
カミュ
カミュ
心を読み取っただけだ。それよりもどうするつもりだ?曲目が分かっているならば、この場で言うがよい。俺は、記憶力が高いからな。忘れるなんて事は万に1つもない(  - ̀ω -́  )✧
美風藍
美風藍
ボクも、別に苦にはならないから大丈夫。1度言われたら事は記憶出来るしね。
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
俺も、1度言われた事は忘れねぇーしな。
寿嶺二
寿嶺二
口頭で頼めるかな?
七海春歌
七海春歌
はい。先ず序盤は、「QUARTET★NIGHT」の曲です。続いてユニット曲の「RISE AGAIN」,「月明かりのDEAREST」。後は、QUARTET★NIGHTの残りの曲をとりいれてみてはと考えました。
寿嶺二
寿嶺二
「QUARTET★NIGHT」を最初に持ってくるなんて、僕たちの事を考えてくれている証拠だね^^*
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
悪くねぇー曲順だ。誰もが最初の曲が聴きてぇーもんだし。やるじゃねぇーか(-ω-)
美風藍
美風藍
ねぇ。1つ提案があるんだけど。
七海春歌
七海春歌
はい。何でしょうか?
ある提案を考えていた藍。