無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第171話

2
取材を終え、翔は春歌との待ち合わせ場所へと急ぐ。
来栖翔
来栖翔
(やべぇー…アイツをかなり待たせちまったな(ーー;))
その頃、春歌は待ち時間を利用して、譜面に音符を書き込んでいた。
七海春歌
七海春歌
(ここは少し遅めで…サビ前は早めに……φ(..)カキカキ)
来栖翔
来栖翔
(居た!!)
七海~!!
七海春歌
七海春歌
あ、翔くん。お疲れ様です^^*
来栖翔
来栖翔
おう( ´罒`)
なんか、待たせちまってごめんな。思っていた以上に質問に答えるのが難しくてさ…いやー参ったぜ…(ーー;)
七海春歌
七海春歌
どんな内容だったのか気になります。
でも、雑誌が発売されるまでは我慢します。
来栖翔
来栖翔
ばーか。
そんな事で我慢すんな。後でちゃんと教えてやるよ。ゆっくり…な…///
翔が照れてそう言うと、春歌もそれにつられて頬を赤らめる。
NEXT→