無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

2
四ノ宮那月
四ノ宮那月
(ハルちゃん…)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
(…っ!!)
スケジュールが押していた那月とトキヤ。春歌や真斗とは別の移動バスで、太秦に着いたばかりだったのだ。2人を探していたのか、歩き回る中見つけ見た那月とトキヤの目には、仲睦まじく話し込む光景が目に映り衝撃を受けていた。
聖川真斗
聖川真斗
それにしても、四ノ宮と一ノ瀬は遅いな。もう、此処に着いていてもおかしくはないのだが…探しに行くか。
七海春歌
七海春歌
そうですね。私も一緒に探します!!
そう言ってから、2人は振り向き歩きだそうとした時___