無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第165話

2
仕事を終えて、春歌のもとへと向かう為、廊下を走っていた嶺二。
寿嶺二
寿嶺二
(うわぁ~!!まだ居るかな?)
嶺二は走っているとトキヤにぶつかりそうになる。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
ちょっ…!!∑(゜△゜;)
寿嶺二
寿嶺二
ぁあ…ごめん!!トッキー!!
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
待ってください!!
呼び止めるトキヤに、嶺二も急ぎつつ止まる。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
全く…(ー。ー;)
廊下を走ると危険な事くらいは分かりますよね?
寿嶺二
寿嶺二
あ、うん。本当にごめんっ!!((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
(´Д` )ハァ〜
それよりもどうしたのですか?
寿嶺二
寿嶺二
いや…彼女のもとに行こうとしていただけなんだ(^-^;
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
七海さんのもとへですか?
それなら、今は事務所へと向かっている所ですよ?
ドラマのサウンドトラック用の曲が仕上がったみたいでしたから。
寿嶺二
寿嶺二
サンキュー、トッキー^^*
事務所に向けて急ぎ歩き出した嶺二は、春歌に立てていた計画を伝えようとしていたのだった。
NEXT→