無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

11
カミュ
カミュ
初めての割には、よく射られたものだな。
カミュの番になり、3本矢を真ん中に射止める。
一十木音也
一十木音也
すっげぇー!!って、トキヤ?何処に行くのさ。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
御手洗ですが、何か?
一十木音也
一十木音也
いや…(^-^;
行ってらっしゃい…
無言で席を外すトキヤ。一方、勝負は架橋へと向かっていた。
神宮寺レン
神宮寺レン
これでラストだ!!
《~♪》
一寸の狂いも無く、レンの放った矢は全て真ん中を射抜いていた。