無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

4
【ライブ会場】
春歌が着いた時には、周りを埋め尽くす程にライブを観に来た客が会場に入っていた。
寿嶺二
寿嶺二
やあ、後輩ちゃん^^*
美風藍
美風藍
来たんだ?
カミュ
カミュ
さっさとこちらに来たらどうだ?
既にライブ会場に訪れていたQUARTET★NIGHTメンバーが居たのだ。
七海春歌
七海春歌
寿先輩。美風先輩。カミュ先輩。こんにちは(*^^*)
美風藍
美風藍
何だ…チケット、貰っていたんだね。
カミュ
カミュ
美風。残念そうな顔を浮かべているではないか。
(( ¯ ⌳¯ )チッ…誰かに、チケットを手渡されていたのか(。 ー`ωー´))
寿嶺二
寿嶺二
そういうミューちゃんの方が、残念そうな顔をしているように見えるけど?(¬ ͜  ¬)ニヤリ
カミュ
カミュ
バカめ!!俺が、この小娘に向けて残念そうな顔を浮かべるわけがあるまい。無駄な口を開くと体ごと凍らせるぞ(。 ー`ωー´)
七海春歌
七海春歌
あ、あの…ヽ( ̄。 ̄;)ノ💦💦そのへんにして……アタフタ((ヽ(;>。<)ノ))アタフタ
美風藍
美風藍
(´Д`)ハァ…
2人とも…ライブが始まるよ。そのへんにしたら?カミュ。ファンごと凍らせるつもり?レイジも口を閉じて。収拾が付かなくなるでしょ?
ピシャリと言い放つ藍に2人はようやく収まる。そんな時、蘭丸,真斗,レンの姿が映し出されると順番にステージに現れる。