無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

2
【事務所・レコーディングルーム】
椅子に掛けてから、数時間が経過していた。
七海春歌
七海春歌
(-。-;ハァー
(最近、私の周りで色々と起こり過ぎてます…告白や接触……はぅ~~~///思い出しただけでも恥ずかしいですっ!!(/ω\))
レコーディングルームの扉を開ける音に気付かない程に悩む春歌。
神宮寺レン
神宮寺レン
やあ、レディ。お昼は食べたのかい?
肩に手を置くレンに、話し掛けられる春歌は驚きの声を洩らす。
七海春歌
七海春歌
じ、神宮寺さん…!!(゚o゚;お疲れ様です((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
神宮寺レン
神宮寺レン
ありがとう^^*
それよりも、はい!!お昼がまだなら、オレとランチタイムにしないかい?丁度、レディに聞きたい事があるんだ。