無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
反対側から歩いて来る那月と翔。そして、蘭丸の姿に気付いた春歌。
七海春歌
七海春歌
黒崎先輩。四ノ宮さんに、翔くんも。お疲れ様です^^*
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
ああ…お疲れ。
四ノ宮那月
四ノ宮那月
ハルちゃんもお疲れ様です^^*
来栖翔
来栖翔
おぅ、サンキュ^^*
曲、上手くOK貰えたか?
七海春歌
七海春歌
はいっ!!^^*
聖川真斗
聖川真斗
黒崎さん!!お疲れ様です^^*
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
(コイツ、犬並みに喜びやがる……(ー、ー;))
神宮寺レン
神宮寺レン
ランちゃん。お疲れ。
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
てか、何でこんな所で話し込んでんだよ?
話すなら、談話室を使え。邪魔になんだろーが!!
そう言って、蘭丸はスタスタと談話室に向けて歩き出す。
それに続いて、その場にいた者たちも歩き始める。