無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第168話

5
寿嶺二
寿嶺二
さてと…後輩ちゃんは海といえば何を浮かべる?
七海春歌
七海春歌
えっ!?
そうですね…
寿嶺二
寿嶺二
(考え込む後輩ちゃんも可愛い^^*)
七海春歌
七海春歌
お砂がいっぱいあるので、お城とか作ったりするかも知れません。
寿嶺二
寿嶺二
゚+。:.゚おぉ(*゚O゚ *)ぉぉ゚.:。+゚
いいねいいね^^*
じゃあ、作ってみようか^^*
砂を使って城を作り始める2人。
暫くして___◇
寿嶺二
寿嶺二
出来たね^^*
七海春歌
七海春歌
はいっ^^*
そういえば…嶺二さんは何をしたいんですか?
寿嶺二
寿嶺二
えっ!?
ぁあ…海に来たらって事ね(^-^;
んー…れいちゃんはごく普通に笑って楽しめる事なら何でもOKだよん^^*
例えば…えいっ!!
(バシャッ!!💦💦)
七海春歌
七海春歌
きゃっ!!
七海春歌
七海春歌
も、もう!!
えいっ!!
寿嶺二
寿嶺二
それそれー!!
(バシャッ!!💦💦)
春歌も負けじと海水を嶺二にかける。
空は次第に朱く染まり月や星が見えていた。
NEXT→