無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

3
寿嶺二
寿嶺二
なるほど…さっすが、後輩ちゃん^^*
美風藍
美風藍
この企画は、社長の考えたやつじゃないね。もしかして…
七海春歌
七海春歌
あ…はい。私が考えました。
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
マジかよ。
カミュ
カミュ
(目の下にクマが…まったく(-。-;無茶をするやつだ。)
春歌と目が合うカミュ。
七海春歌
七海春歌
???
カミュ
カミュ
…///(´ρ`*)コホン…
して、巡業はいつする予定なのだ?
七海春歌
七海春歌
は、はい!!(゚o゚;
暖かい春を皮切りに回ってライブ活動をしてはどうかと思うのですが( •́ •̀ )
美風藍
美風藍
うん。いいんじゃない?ボクはそれでいいよ。
寿嶺二
寿嶺二
僕も賛成^^*QUARTET★NIGHTとして、もっとファンと触れ合わないとね。
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
ああ。腕が鳴るぜ。んで?曲目はもう決めてあるのか?
七海春歌
七海春歌
はいっ!!(*^^*)リストもきちんと…あっ!!∑۳(°□°۳"ll)
寿嶺二
寿嶺二
後輩ちゃん?どうかしたの?
曲目のリストを、寮に置き忘れて来てしまった春歌。