無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

17
【リビングルーム】
七海春歌
七海春歌
今、お茶を…あっ!!(゚o゚;
一十木音也
一十木音也
どうしたの?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
どうかしたのですか?
2人同時に春歌に声を掛ける。
七海春歌
七海春歌
コーヒーも紅茶も切らしていて…(ーー;)ココアでも良いですか?
一十木音也
一十木音也
な~んだ…(^-^;
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
また、躓いて怪我をしたのかと思いましたよ…(-。-;
七海春歌
七海春歌
す、すみません…!!。・°°・(>_<)・°°・。
一十木音也
一十木音也
俺はココアでもいいよ^^*
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
私もココアで構いませんよ。
七海春歌
七海春歌
はいっ!!
春歌は、3人分のマグカップに適量のココアの粉を入れて、お湯を注ぐ。
七海春歌
七海春歌
(一十木くんは砂糖いるよね?一ノ瀬さんはストレート…)
よしっ!!
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
貸してください。
ココアが入ったマグカップを乗せたトレイを春歌から受け取るトキヤ。
七海春歌
七海春歌
ありがとうございます…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
いえ。君はドジですからね。このくらいの気遣いは当然です^^*
カーテン越しに外を見た音也が口を開く。
一十木音也
一十木音也
雨がまた降り出してきたね…
(ピカッ…ゴロゴロ…⚡︎)
七海春歌
七海春歌
きゃっ…!!
耳を両手で塞ぎしゃがみ込んでしまう春歌。