無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第91話

6
ブースへと戻ってしまったセシルを心配する春歌。
七海春歌
七海春歌
大丈夫ですか?もう少し喉を休ませましょう。無理しても良くないですから。
愛島セシル
愛島セシル
大丈夫デス。後1曲だけ。頑張りマス^^*
七海春歌
七海春歌
セシルさん!!
愛島セシル
愛島セシル
再開しまショウ^^*
マイク越しで話す2人。一息、二息吐いた後、春歌に向けて小さく合図を送るセシル。
七海春歌
七海春歌
では、始めますね。
愛島セシル
愛島セシル
月影のSea 渡っておいで
その手にいま 愛が目覚めるから

永遠(とわ)を歌う 潮騒の声
ずっとアナタ 探し続けてた

廻(めぐ)り逢う運命を抱いて
この世界中から愛のうたを集め
その心 その夢へ告げよう
ワタシは唯 アナタの為
生まれた“まもりびと”と


微睡(まどろ)みのVeil 纏(まと)う花嫁
記憶の空 羽根を翳し行こう

遥か未来 また出逢うだろう
終幕(おわり)のない 夢が伝うから

幾千の薔薇よりも 咲いて
幾万の星のうたより 煌めいて
美しい アナタへと誓おう
陽溜(ひだま)りのよう 真実をそっと
照らし続けてゆくと


母なる銀河へと 透明な 舟浮かべ 旅へ出よう


廻(めぐ)り逢う運命を抱いて
この世界中から愛のうたを集め
その心 その夢へと告げよう
ワタシは唯 アナタの為
生まれた“まもりびと”と
最後まで歌い切ったセシル。無事にレコーディングを済ませた喜びと、不安な気持ちがある春歌。ブースから出てきたセシルに春歌は歩み寄った。
七海春歌
七海春歌
お疲れ様でした(*^^*)大丈夫ですか…きゃっ!!///
春歌が、セシルに抱きしめられた時には、一瞬の出来事だった為、驚きの声と表情を浮かべるしかなかった。
愛島セシル
愛島セシル
ハルカは、優柔不断デス。
七海春歌
七海春歌
セ、セシルさ…ん!?
愛島セシル
愛島セシル
猫の頃のワタシの方が良かった?
七海春歌
七海春歌
クップルの時のセシルさんも可愛かったですが、今のセシルさんも十分に素敵ですよ。
抱擁を解くと、セシルは緑色の瞳で春歌を見つめる。
愛島セシル
愛島セシル
オトヤたちとは、仲間でありライバルでもあります。ハルカ…もっとワタシだけを見て欲しい。大好きなこの気持ちは、オトヤたちには負けません。
再びギュッと抱きしめるセシルは、春歌の肩に額を埋める。
七海春歌
七海春歌
…///セシルさん…///
レコーディングルームの使用時間が終わるまで、春歌はセシルに抱きしめられたままでいた。それを通り際、カミュが掌を握りしめながら見ていた。