無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

3
そんな時だった___
来栖薫
来栖薫
翔ちゃん!!
声を掛けたのは、翔の双子の弟・薫だった。
翔と同じ様に、早乙女学園を入学するはずだったが、体調を拗らせてしまい試験を受けられなかったのだ。その代わり、早乙女学園の兄弟学園である医学校へと進学したのだった。
来栖翔
来栖翔
薫!!(゚o゚;どうしたんだよ?
来栖薫
来栖薫
うん。翔ちゃんの顔と、レコーディングしている姿が見たくなって^^*
来栖翔
来栖翔
はぁー?
来栖薫
来栖薫
その後、一緒にお茶しに行こうよ。ねっ?^^*
来栖翔
来栖翔
ったく…(-。-;
七海も大丈夫か?
七海春歌
七海春歌
はい。大丈夫ですよ(*^^*)
3人でレコーディングルームへと向かう。