無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

8
カミュ
カミュ
遅れてしまい、大変申し訳ございません。
カミュの登場に、プロデューサーが口を開く。
プロデューサー)突然の申し出に応えてもらってすまなかったね。
カミュ
カミュ
いえ^^*
しかし、私を起用するに当たって、2人には相当のプレッシャーを与えてしまうのではと思うのですが。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
(サプライズ…と言うには、少々悪戯な面がありますね。さては、早乙女さんの要望なのか…何にしても、カミュさんを起用していたとは驚きですね。)
カミュ
カミュ
七海さん。トキヤ。驚かせてすみませんでした。当日までは、口外しない様にと固く口止めされていたので。
七海春歌
七海春歌
驚きは隠せませんでしたけど、一緒にお仕事が出来て嬉しいです^^*よろしくお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
私も、カミュさんと同じ仕事を請け負える事が出来て、とても心強く思います。
カミュ
カミュ
(一ノ瀬に関しては、気遣いだな…)
ありがとう^^*
共にいい作品になる様に、私も力を尽くします。