無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Amazing&Sweetなプリンスさま
【シャイニング事務所・廊下】

BGMの作曲を何とか終えて、春歌は廊下を歩いていた。
七海春歌
七海春歌
(クライアントにOKを貰えました!!)
あまりの嬉しさで、前は不注意になり、ぶつかってしまうと、手にしていたバッグ等を床に落とす春歌。
七海春歌
七海春歌
す、すみませ…
…!!
カミュ
カミュ
まったく。ドジな奴め。
カミュの顔を見るなり、春歌は後退りをしてしまう。