無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

15
《~♪》
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
やるからには負けられません。
カミュ
カミュ
ほぅ…やるではないか。
次も、Perfectを叩き出すカミュ。その一方でコツを掴んだのか、真ん中に矢を射抜き始める。
一十木音也
一十木音也
よしっ!!^^*
カミュ
カミュ
( -ω- `)フッ
足掻く様を見るのも悪くは無いが。だが…所詮、俺の敵ではなかったな。これで…フィニッシュだ!!
《~♪》
カミュは宣言通り、全て真ん中に矢を射抜いた。
一十木音也
一十木音也
負けた…あ~もう!!悔しいなぁ~(ーー;)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
私が、負けた……(´._.`)
《(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ》
春歌は拍手をする。
七海春歌
七海春歌
2人とも、素晴らしかったです。それに、凄く楽しめました(*^^*)
春歌の褒めの言葉に、音也やトキヤ,カミュは笑みを浮かべる。それから、それぞれに解散する事になり、春歌は音也,トキヤと一緒に帰る事になった。