無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

6
七海春歌
七海春歌
お待たせしました^^*
砂月
砂月
遅せぇーよ。
七海春歌
七海春歌
すみませんっ!!((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
砂月
砂月
それにしても…「馬子にも衣装」だな。だが…悪くはない…///
七海春歌
七海春歌
ありがとうございます!!(*^^*)
砂月
砂月
褒めてねぇーよ。
ったく…(-。-;本当に、お前と話すと調子が狂うぜ。ほら、行くぞ。
七海春歌
七海春歌
あ、あの…( •́  •̀ ;)
私、一ノ瀬さんとの約束があって…
砂月
砂月
…知ってる。撮影前に少し話していた内容が耳に入って来ていたからな。まあいい。先に浴衣姿を見れたからな。もう…行けよ。
七海春歌
七海春歌
す、すみません…( •́  •̀ ;)
今にも泣きだしそうな春歌の表情を見た砂月。立ち去ろうとした春歌の腕を掴むと、そのまま自分の胸へと引き寄せて抱きしめる。