無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

3
四ノ宮那月
四ノ宮那月
ハルちゃん。真斗くん、待たせちゃってごめんなさい((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
すみません。あまりの広さで時間が、思いのほか掛かってしまいました。
聖川真斗
聖川真斗
ああ。
七海春歌
七海春歌
四ノ宮さん。一ノ瀬さんも。見つかって良かったです(*^^*)
聖川真斗
聖川真斗
俺たちも今、2人を探しに行こうとしたところだったのだ。何事も無くて安堵した^^*
スタッフ)すみませ~ん!!そろそろ集合してくださ~い!!
手を挙げて真斗たちに声を掛けるスタッフ。
聖川真斗
聖川真斗
待機時間がこんなにも短く感じてしまうとはな。
七海春歌
七海春歌
あっという間でしたね。皆さんの撮影の様子を見て、たくさんのインスピレーションを頂きますね。それでは(*^^*)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
…七海さん。
春歌を呼び止めるトキヤ。