無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

3
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
(´Д`)ハァ…
まったく…やっと騒がしさから解放されました。
そんな私に比べて君は、何だか楽しそうですね。
七海春歌
七海春歌
そうでしょうか…
でも、一緒にやり遂げられた事が何よりも嬉しくて(*´ω`*)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
私も、嬉しいですよ。君と何かをやり遂げる事で、また1つ前へと進めましたから。ありがとうございます^^*
七海春歌
七海春歌
そんな…///
私の方こそ、ありがとうございました(*^^*)
窓を打ち始める雨の音に気付く2人。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
また雨ですか…
七海さん、傘は持っているのですか?
七海春歌
七海春歌
いえ…持ち合わせていなくて(ーー;)
カミュ
カミュ
バカめ…
今日の降水確率70%近いと言っておったぞ。天気予報を確認しておらぬのか?
 突然のカミュの登場に驚く春歌。
七海春歌
七海春歌
カ…カミュ先輩!!(゚o゚;
神宮寺レン
神宮寺レン
バロン!!
先に行ってしまうなんて酷くないかい?
おや…レディに、イッチー。お疲れ^^*
車の鍵をクルクルさせながら、レンは声を掛ける。