無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第134話

2
突然現れたレンの言葉に、真斗も春歌もタジタジになる。
神宮寺レン
神宮寺レン
このクリスマスシーズンで、尚且つ、ファンにバレない様に楽しむならば軽く海外に出るのも手だぜ。
七海春歌
七海春歌
海外にですか?
神宮寺レン
神宮寺レン
そう。
なんなら、レディ。俺がエスコートをしようか?(。•ω- 。)⌒♡*゚
聖川真斗
聖川真斗
余計なお世話だ。
デートの行き先ならば2人で決める!!
真斗は春歌をレンから遠ざける。
神宮寺レン
神宮寺レン
あーはいはい。
けど、ちゃんとレディを満足させろよ。じゃあな。
聖川真斗
聖川真斗
…………
七海春歌
七海春歌
お疲れ様でしたっ!!((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
聖川真斗
聖川真斗
まったく…神宮寺め(。 ー`ωー´)💢
それから暫くして、真斗の自家用ジェット機で海外へと向けて出掛ける春歌だった。