無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第142話

砂×春 両想いVer.
那月の中から居なくなると、口にした砂月の言葉が耳に残っていた春歌。
【春歌の寮】
砂月
砂月
違うな…
ここは、シャープに。
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!
砂月
砂月
(コイツ…人には休めと言ったクセに、自分の事はからっきしだな。)
譜面に音符を起こす春歌の手を掴む砂月。
七海春歌
七海春歌
さ、砂月さんっ…!!///
砂月
砂月
俺も休む。お前も、少しは休め。
七海春歌
七海春歌
あ、でも…( •́  •̀ )
砂月
砂月
グダグダうるせぇ。
俺が休めつったら休め。
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!(゚o゚;
砂月
砂月
こっちに来い。
膝を叩く砂月。
七海春歌
七海春歌
あ、あの…もしかして……
砂月
砂月
嫌なのか?
七海春歌
七海春歌
そ、そんな事は!!
ただ、恥ずかしくて…(´,,•﹏•,,`)
砂月
砂月
いいから来いよ。
あまり俺を待たせるな。
七海春歌
七海春歌
はいっ!!///
ちょこんと、砂月の膝の上に座り込む春歌。
砂月
砂月
まさか、座り込むとはな。
予想していた通りになったと、砂月は心の中でそう呟いた。