無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

4
七海春歌
七海春歌
一ノ瀬さん?どうかしましたか?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
あの…撮影が終わってからになりますが。近くでお祭りがあるそうなのです。浴衣を着用出来るそうなので、一緒に行きませんか?
七海春歌
七海春歌
私もいいんですか?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
君も、立派な関係者ですよ。
七海春歌
七海春歌
分かりました。私でよければお付き合いします。
伝え忘れたのか、真斗は春歌のもとへ行こうとしたその時、傍らに居たトキヤの姿が目に映る。
聖川真斗
聖川真斗
(…っ!!一ノ瀬…)
真斗は踵を返して撮影現場に戻って行く。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
…良かった。では、また後程。
その後、平安をモチーフにした撮影は滞る事無く終える。辺りは、綺麗な茜空に染まっていて、春歌も京都から見る茜空の夕焼けを見ていた。
七海春歌
七海春歌
いけない!!∑۳(°□°۳"ll)早めに浴衣を借りて着替えないと間に合いません!!きゃっ…!!(>。<)💦
軽く走り出すと、爪先から躓き前倒れになりかけると___