無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第138話

6
可愛らしい容姿と声の真衣は、微笑みながら真斗のもとへと歩み寄る。
真衣
お帰りなさい^^*
聖川真斗
聖川真斗
ああ。ただいま^^*
ふと、春歌に気付く真衣。
真衣
あ!!お姉ちゃんはあの時の。
こんにちは^^*
七海春歌
七海春歌
こんにちは(*^^*)お久し振りですね。
真衣
はいっ!!^^*
真衣、お姉ちゃんにも会えて、とても嬉しいです。
聖川真斗
聖川真斗
(そう言えば…七海は一人っ子だったな。こうして並んで見ると、仲の良い姉妹に見えるな^^*)
七海春歌
七海春歌
ん?
聖川さん?
聖川真斗
聖川真斗
(っ…!!しまった!!)
ああ…すまない。
さあ。部屋へと案内しよう。
真斗に連れられて、春歌は部屋へと案内される。

この後、2人は難解の段階へと進み始めようとしていた。

Next→