無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

4
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
レン。もう、仕事は終えたのですか?
神宮寺レン
神宮寺レン
まあね。明日のスケジュールがバラシになってしまってね。久々にダーツバーにいこうと思っていたら、バロンに呼び止められてしまったのさ。
「雨が降っているから、車を出せ!!」ってね。
カミュ
カミュ
仕方ないであろう。
俺は、免許を持っていない。
それに、確実に貴様の方が早く目的地に着く。
神宮寺レン
神宮寺レン
この通り…完全に、バロンのお抱え運転手扱いさ┐(´∀`)┌
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
…そのようですね(ーー;)
神宮寺レン
神宮寺レン
それで?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
何です?
神宮寺レン
神宮寺レン
何って…(^-^;
イッチーたちは此処で何をしているんだい?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
最悪な事に、私たちは傘を持ち合わせていなくていなくて。帰る手段を探していたところなんです。
そう口にしたトキヤにカミュが口を開く。