無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

10
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
あ、待ってください!!
どちらへ行こうとなさっているのですか?
カミュ
カミュ
愚問だな、一ノ瀬。
行き先など決まっておろう。
指先を春歌に向けるカミュ。
カミュ
カミュ
こやつの寮にて打ち合わせをする。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
なっ…!!Σ(゚д゚)
七海春歌
七海春歌
えっ?え~~~(゚o゚;!!わ、私の寮に…カミュ先輩を…!!
カミュ
カミュ
途中、行きつけの洋菓子店に寄るぞ。
七海春歌
七海春歌
はいっ!!
そうこう言ううちに、3人は春歌の寮に行く事になった。