無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

12
カミュ
カミュ
ラストは俺が投げる。お前は此処で見ているがよい。
七海春歌
七海春歌
で、でもっ…( •́  •̀ )
神宮寺レン
神宮寺レン
ふ~ん…(‐。‐)
確かに、パーフェクトを狙うならバロンの腕なら可能だよね。レディ。どうする?^^*
七海春歌
七海春歌
わ、私が投げますっ!!
カミュ
カミュ
…それならば、全ての矢を真ん中に射抜いてみろ。それ以外は認めん。よいな?
七海春歌
七海春歌
はいっ!!
約束を違える事無く、春歌は全ての矢を真ん中に射抜いてみせる。
一十木音也
一十木音也
七海。パーフェクト^^*凄いじゃん!!(*^^*)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
逆転したのですか?しかも、パーフェクト…七海さん…よく頑張りましたね^^*
聖川真斗
聖川真斗
よく頑張ったな^^*
神宮寺レン
神宮寺レン
こりゃ、心ごと射られたね^^*
4人は笑みを浮かべながらそう言っていたら、春歌は集中力を切らして呆けてしまっていた。