無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第161話

5
春歌の衣服を捲り上げた音也は、唇と舌先で柔らかい肌に触れる。
七海春歌
七海春歌
あっ…///
一十木音也
一十木音也
(凄い弾力!!Σ(゚ロ゚;)白くて、柔らかい感触…)
(Chu…ペロッ……)
七海春歌
七海春歌
んっ…///
一十木音也
一十木音也
こっちも…凄いね。
下腹部に指を滑らせ軽く触れる音也。
七海春歌
七海春歌
やっ…あっん!!///
一十木音也
一十木音也
七海。足は閉じないで。
七海春歌
七海春歌
あ…ごめんなさい…( •́  •̀ )
でも……
一十木音也
一十木音也
ん?
どうしたの?
七海春歌
七海春歌
私の事を呼ぶ時、『七海』に戻ってます…もう1度、名前で呼んでもらえませんか?///
一十木音也
一十木音也
あ…!!///

(いけない…無意識にさっき、七海の事を名前で呼んで……///)

…春歌///
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!///
一十木音也
一十木音也
クスッ…
春歌。大好きだよ^^*
七海春歌
七海春歌
あ…///
私も…音也くんの事が大好きです///
一十木音也
一十木音也
続き、してもいい?
七海春歌
七海春歌
はい///
一十木音也
一十木音也
(決して変わることの無いこの想い…君にはどう伝わっているんだろう?
でも、きっと答えはすぐじゃなくて、この先もずっと、君を好きでいる事で分かっていくんだよね。
君の奏で続けていく音楽と共に___)
Fin♪